今ではダンボールと一言でいっても様々なダンボールが登場するようになりました。
水に強いダンボールや湿気を防止するダンボール、カラーのダンボールや表面の触り心地に違いがある凹凸があるダンボールなど様々なものがあります。

そんな日本が作ったたくさんの機能性やデザイン性のあるダンボールの中で新しい試みが登場しました。
それが香りのあるダンボールです。

と、いうのも日本人は昔からお茶を飲むことを好んでいましたが近年のおちゃブームによりお茶の飲料水がとても増え、お茶の消費量がぐんと上がりました。
それにより出る大量のお茶葉をリサイクルできないかと考えられてきましたが、今までは畑などに肥料としてまかれることしか使い道がなかったのです。

しかし、これをリサイクルの王様であるダンボールに入れてみようと開発されたのが香りがするダンボールです。
ダンボールの表面をみてもお茶葉が混ざっているのがわかるものが多く、匂いを感じることもできます。
ほのかにお茶のかおりがするダンボールなので受け取り手にとってはダンボールから香りがするのは新しい感覚で嬉しいと思いますし、おしゃれですよね。

これも日本が作った新しいダンボール技術です。
これからもっともっとダンボールは進化していきますね。

ダンボールを資源回収に出す方が多いと思いますが、そのリサイクルに出したダンボールはなににリサイクルされているか知っていますか。
ダンボールはダンボールとして生まれ変わっています。

手元に届いてるダンボールもきっとリサイクルされたダンボールでしょう。ダンボールを100%古紙やリサイクルに出されたダンボールで作られている場合が多いのです。
ダンボールとして生まれ、またダンボールとなっていきます。ダンボールを作る過程でもしダンボールの切れ端としてカットされてしまってもそれもまたリサイクルしてダンボールを作る原料となるので無駄がまったくない資源といっていいでしょう。
ダンボールの原料にならないぐらいになってしまったら今度は燃やすゴミなどを焼却する際の火付けとしてゴミの中に投入され、よく燃えるようにという役割を果たします。
ですからすべてにおいて利用され、活用されてるのです。

日本のダンボールのリサイクル率は100%を超えているといわれています。
100%以上という数値がなぜ出るのかというと日本で生産されているダンボールの数プラス海外から来るダンボールたちも含めているからです。
海外からきたダンボールたちもリサイクルに出されるので100%以上となるわけですね。
無駄なく100%以上のリサイクルでリサイクルの王様ですね。

ダンボールの歴史ももう100年を越えました。
日本にダンボールができてから100年が過ぎましたが当時のダンボールと今のダンボールは違いがあるのでしょうか。

100年の歴史があるだけあって今の日本製のダンボールはとても優秀です。
世界一といわれるダンボール技術を持っています。
ダンボール以外のものでも日本人の作るものは繊細で誰もが不可能と思っていたことを可能にできる力がありますが、ダンボールもその力を持っているのです。

水に弱いのがダンボールですが日本では水に強いダンボールが存在します。超耐水性ダンボールというものもあり、氷などを入れることも可能です。
さらに野菜を長く保存できるようなダンボールもありますし、防湿ダンボールや、強化ダンボール、カラーダンボールなど様々なダンボールが作られているだけでなく、最初から複雑なものが印刷されたダンボールや四角ではなく、複雑な形をしたダンボール、用途に合った大きさやサイズのダンボールなどダンボールの種類は他の国を見ても日本が一番ではないでしょうか。

そういったものづくりへの執念と発案性、そして実現と日本人の技術は世界に誇れるものがあると思いませんか。

ダンボールの持つ可能性はまだまだ無限大です。
また時代とともに古き良き100年の歴史も大切にしつつ変わっていくことでしょう。

明治時代に日本ではダンボールが誕生し、作られるようになりましたがダンボールはいつから日本で当たり前のように使われるようになったのでしょうか。

日本では大きな大きな国際的イベントが行われました。
東京オリンピックです。
日本は戦争に負けてしまいましたが戦後の復興の象徴として東京オリンピックの開催を勝ち取り、日本ではじめて世界的な一大イベントが行われることになりました。

そのとき日本はまだまだ先進国の仲間入りはできない発展途上国でした。
戦後の貧しい時代を経て日本の技術をすべて出すようにオリンピックの準備を進めました。
たくさんの人がオリンピックのために働き、たくさんの人がオリンピックのために時間を削りました。

日本全体でオリンピックを成功させようと必死でした。

そして行われたオリンピック。そこで大成功を手に入れた日本は世界中に配信される素晴らしい東京というイメージを手に入れ世界を相手に経済を回せるようになったのです。

そして経済と比例してダンボールの生産も増えました。
今でも経済とダンボールの生産量は比例すると言われており、今世界で一番ダンボールが生産されているのは中国だというのも納得がいきませんか。
中国は中国史上一番の発展を今遂げている最中ですからダンボールも多く使われているのです。

ダンボールはパルプ材から作られていますが、ダンボールはリサイクルダンボールとして資源回収されてきたダンボールと古紙をあわせて作るものもあります。

そのどちらの工程でも、ダンボールを作る上で必要ではなかった部分の切れ端になってしまったダンボール材などはどうなっているのでしょうか。
切れ端でもいいからダンボールをくださいとお願いする人も中にはいるようでダンボール工場に問い合わせも多くあるようです。

しかし、ダンボール工場ではダンボールをすべてムダにはしていません。

ダンボールにならなかった原料やダンボールの切れ端たちはリサイクルダンボールの材料になるようにリサイクルとして出されダンボールになるようになっているのです。
1%もムダにしないとても無駄がない仕事をしてるのですね。

ダンボール工場はとてもエコな仕事をしているのですね。

ダンボール工場では古紙やダンボールなどをムダにはせず失敗したものが出たらそれらもすべてリサイクルに出すのでいずれはダンボールとなるのです。

ダンボールになるために生まれた紙たちはダンボールになるのですね。

ダンボールの資源回収率も90%以上と言われていて日本人はダンボールのリサイクルへの意識がとても高いので世界中で高い評価を得ています。

毎日日本ではいたるところでダンボールが使われています。その数の統計はありませんがかなりの量であることは間違えありません。

その、ダンボールですが一日に使われる量がとても多いということは生産されるダンボールはもっともっと多いということですよね。
しかし、ダンボールは大手3社に加え、たくさんの中小企業によって作られていますから一日に作られる寮はわかりませんが、最大手のダンボール会社では一日に東京ドーム300個分の面積にもなるダンボールを作るそうです。

ダンボールシートでいえと1分間に400メートルのダンボールシートができるそうで、1分間ですでにかなりの量のダンボールが作られていることになります。

東京ドームには6万人の人が入るといわれていますから単純計算でも一日に作られるダンボールの面積で1800万人の人々が入ることができるスペース分ということになりますね。

とても規模が大きくて想像ができないほどですよね。

それだけダンボールが生産されたくさんのダンボールが日本経済を支えてるのでしょう。
経済とダンボールは比例すると言われているのでダンボールが多く生産されているということはそれだけたくさんの物流があり、流通があり、経済が動いているということですね。

ダンボールが多く作られる国へこれからも目指してほしいです。

ビルの地下駐車場などにいくと大きくとても長い空調ダクトが目に入りませんか。
ほとんどのものがシルバー色のもので鉄製のもののように見えますが、それはダンボールかもしれません。

ダンボールは実はビルなどの空調ダクトに使われています。ダンボールそのままではなくてアルミ箔でラミネートされたものを使っています。
どうみても鉄製に見えますが実はダンボール製だったのです。

ダンボールはクラフトカラーのものが主流ですがこういった加工が施されたダンボールの存在するのです。

そういったダンボールが実はけっこうあって、これがダンボール!?と驚かされるものも多くあります。
なにかでラミネートされているなんて考えませんよね。
しかし、ダンボールは様々なところで活躍しているのです。

ダンボールは姿をかえてもダンボールです。
ダンボールの頑丈さと加工のしやすさ、利用のしやすさ、コストが抑えられ軽い…といったことがよく利用される理由でしょうか。

ダンボールは企業でも工場でも家庭でもたくさんの人に疲れていて商品としてや、便利に役立つものとしても利用されていますよね。
使う人によって用途もいろいろというところがダンボールの面白さなのかもしれませんね。

奥深いものですからたくさんの疑問も浮かびますよね。
それがダンボールの良いところです。

ダンボールはたくさんのダンボールが使われていることはなんとなくわかるけど、ダンボールってどんなところで一番使われてるんだろうと疑問に思いませんか。

ダンボールは引っ越し業者で多く使われているイメージがありませんか。
しかし、実は引っ越し屋さんが使用するダンボールは日本のダンボール使用率の中でも少なく3%あまりしか占めていません。
ではどんなところでダンボールは多くしようされているのでしょうか。

実はダンボールは加工食品業者が圧倒的に使用しています。
カップラーメンや即席めん、冷凍食品や飲料水会社など出荷にはダンボールが欠かせません。
そしてひとつのダンボールに入れるものの数が決まっていて大量に入れることができないため決められた数だけを入れてわりと小さなダンボールがたくさんの状態で出荷されていきますからダンボールの数は莫大になります。
日本のダンボール使用率としては圧倒的に1位であり、これからもダンボールの数は少なくなることはないでしょう。

その他、多く使われているのが果物や野菜などの青果や家電商品などの梱包にしようされているもの、そして意外にも薬品や化粧品などを梱包するために入れている箱などが占める割合が多いのだそうです。

ダンボールは様々なものに使用されていますね。

ダンボールは様々なデザインのものがありますし、いまではカラフルなダンボールもあるほどさまざまなダンボールの種類があります。

しかし、なかなかダンボールの内側に色がついてるダンボールはみたことがありませんよね。
内側がクラフトカラーではなく、違う色のダンボールというのはあるのでしょうか。

今までにそんなダンボールがあったことはありました。
ダンボールの外側だけでなく内側のカラーを変えることも可能なのです。
しかし、特殊なダンボールの発注ということになりますのでたくさんの数で発注をしなければいけませんね。
ショップの商品を入れて発想するダンボールだったり、引っ越し業者だったりとダンボールで社のアピールになるようなダンボールにはインパクトとして良いかもしれませんね。
ダンボールの内側にカラーが入ってるダンボールはなかなかありませんから手にとった側は驚くことでしょう。

ダンボールの色というのは印象につながります。
クラフトカラーのダンボールと白いダンボールから得る印象は違いますよね。
かなり違う印象を持つのでダンボールの印象は会社の印象を担ってる重要なものかもしれませんね。

だからこそ、ダンボールのデザインはしっかりとしたいところですし、コストも考えた上で最大限のダンボールへの気遣いはしたいところですね。

ダンボールは厚ければ厚いほど値段が高いのではないかと感じますよね。
厚みはダンボールとダンボールの間にナミナミになってる部分の幅によって決まると思う方がいるかもしれませんが、それだけで強度が左右するわけではありません。

ダンボールはナミナミの部分だけでなくダンボール板の強度も重要です。
ダンボール板にも種類があり、どの規定のダンボール板かによって強度も値段も変わります。
ですから厚みが厚くてもダンボール板の質が悪いと値段が薄いものにも安いということもあります。

一概に厚いダンボールが高くて薄いダンボールが安いというわけではないのですね。

そういったことをうまく考慮して、この厚みで衝撃に強いダンボールがほしいけど、金額をおさえたいからダンボール板の質を少し下げようといったことも交渉次第では可能になることもありますから、ダンボールを発注するときはダンボールのことを少し勉強してダンボールの構造を考えて見積もりをしてもらうと良いかもしれませんね。

ダンボール業者の方に突然説明されても理解できずに中途半端な状態で作ってもらって納得のいかないもにになってしまうと大変ですからダンボールの仕組みを知ることは大切かもしれませんね。

ダンボールの厚みと値段は比例しないということです。