意外なダンボールの使用率

ダンボールはたくさんのダンボールが使われていることはなんとなくわかるけど、ダンボールってどんなところで一番使われてるんだろうと疑問に思いませんか。

ダンボールは引っ越し業者で多く使われているイメージがありませんか。
しかし、実は引っ越し屋さんが使用するダンボールは日本のダンボール使用率の中でも少なく3%あまりしか占めていません。
ではどんなところでダンボールは多くしようされているのでしょうか。

実はダンボールは加工食品業者が圧倒的に使用しています。
カップラーメンや即席めん、冷凍食品や飲料水会社など出荷にはダンボールが欠かせません。
そしてひとつのダンボールに入れるものの数が決まっていて大量に入れることができないため決められた数だけを入れてわりと小さなダンボールがたくさんの状態で出荷されていきますからダンボールの数は莫大になります。
日本のダンボール使用率としては圧倒的に1位であり、これからもダンボールの数は少なくなることはないでしょう。

その他、多く使われているのが果物や野菜などの青果や家電商品などの梱包にしようされているもの、そして意外にも薬品や化粧品などを梱包するために入れている箱などが占める割合が多いのだそうです。

ダンボールは様々なものに使用されていますね。