ダンボールは一日にどれだけ作られているのか

毎日日本ではいたるところでダンボールが使われています。その数の統計はありませんがかなりの量であることは間違えありません。

その、ダンボールですが一日に使われる量がとても多いということは生産されるダンボールはもっともっと多いということですよね。
しかし、ダンボールは大手3社に加え、たくさんの中小企業によって作られていますから一日に作られる寮はわかりませんが、最大手のダンボール会社では一日に東京ドーム300個分の面積にもなるダンボールを作るそうです。

ダンボールシートでいえと1分間に400メートルのダンボールシートができるそうで、1分間ですでにかなりの量のダンボールが作られていることになります。

東京ドームには6万人の人が入るといわれていますから単純計算でも一日に作られるダンボールの面積で1800万人の人々が入ることができるスペース分ということになりますね。

とても規模が大きくて想像ができないほどですよね。

それだけダンボールが生産されたくさんのダンボールが日本経済を支えてるのでしょう。
経済とダンボールは比例すると言われているのでダンボールが多く生産されているということはそれだけたくさんの物流があり、流通があり、経済が動いているということですね。

ダンボールが多く作られる国へこれからも目指してほしいです。