ダンボール工場で余ったダンボールの切れ端

ダンボールはパルプ材から作られていますが、ダンボールはリサイクルダンボールとして資源回収されてきたダンボールと古紙をあわせて作るものもあります。

そのどちらの工程でも、ダンボールを作る上で必要ではなかった部分の切れ端になってしまったダンボール材などはどうなっているのでしょうか。
切れ端でもいいからダンボールをくださいとお願いする人も中にはいるようでダンボール工場に問い合わせも多くあるようです。

しかし、ダンボール工場ではダンボールをすべてムダにはしていません。

ダンボールにならなかった原料やダンボールの切れ端たちはリサイクルダンボールの材料になるようにリサイクルとして出されダンボールになるようになっているのです。
1%もムダにしないとても無駄がない仕事をしてるのですね。

ダンボール工場はとてもエコな仕事をしているのですね。

ダンボール工場では古紙やダンボールなどをムダにはせず失敗したものが出たらそれらもすべてリサイクルに出すのでいずれはダンボールとなるのです。

ダンボールになるために生まれた紙たちはダンボールになるのですね。

ダンボールの資源回収率も90%以上と言われていて日本人はダンボールのリサイクルへの意識がとても高いので世界中で高い評価を得ています。