時代とともに変わっていた?ダンボール

ダンボールの歴史ももう100年を越えました。
日本にダンボールができてから100年が過ぎましたが当時のダンボールと今のダンボールは違いがあるのでしょうか。

100年の歴史があるだけあって今の日本製のダンボールはとても優秀です。
世界一といわれるダンボール技術を持っています。
ダンボール以外のものでも日本人の作るものは繊細で誰もが不可能と思っていたことを可能にできる力がありますが、ダンボールもその力を持っているのです。

水に弱いのがダンボールですが日本では水に強いダンボールが存在します。超耐水性ダンボールというものもあり、氷などを入れることも可能です。
さらに野菜を長く保存できるようなダンボールもありますし、防湿ダンボールや、強化ダンボール、カラーダンボールなど様々なダンボールが作られているだけでなく、最初から複雑なものが印刷されたダンボールや四角ではなく、複雑な形をしたダンボール、用途に合った大きさやサイズのダンボールなどダンボールの種類は他の国を見ても日本が一番ではないでしょうか。

そういったものづくりへの執念と発案性、そして実現と日本人の技術は世界に誇れるものがあると思いませんか。

ダンボールの持つ可能性はまだまだ無限大です。
また時代とともに古き良き100年の歴史も大切にしつつ変わっていくことでしょう。