ダンボールはリサイクルされてる?

ダンボールを資源回収に出す方が多いと思いますが、そのリサイクルに出したダンボールはなににリサイクルされているか知っていますか。
ダンボールはダンボールとして生まれ変わっています。

手元に届いてるダンボールもきっとリサイクルされたダンボールでしょう。ダンボールを100%古紙やリサイクルに出されたダンボールで作られている場合が多いのです。
ダンボールとして生まれ、またダンボールとなっていきます。ダンボールを作る過程でもしダンボールの切れ端としてカットされてしまってもそれもまたリサイクルしてダンボールを作る原料となるので無駄がまったくない資源といっていいでしょう。
ダンボールの原料にならないぐらいになってしまったら今度は燃やすゴミなどを焼却する際の火付けとしてゴミの中に投入され、よく燃えるようにという役割を果たします。
ですからすべてにおいて利用され、活用されてるのです。

日本のダンボールのリサイクル率は100%を超えているといわれています。
100%以上という数値がなぜ出るのかというと日本で生産されているダンボールの数プラス海外から来るダンボールたちも含めているからです。
海外からきたダンボールたちもリサイクルに出されるので100%以上となるわけですね。
無駄なく100%以上のリサイクルでリサイクルの王様ですね。