アーカイブ: 5月 2010

ダンボールの中でコスト的に一番安いのが「みかん箱」といわれる形状で、
引越しや梱包で御馴染みの形のものです。

そう言われているだけに、
商品発送を考えたら「安いみかん箱で」と思うでしょう。

しかしこれは、固定観念です。

商品発送をするなら梱包にかかる費用を抑えたいでしょうし、
お客様の送料に含まれている場合
「なるべくお安くしたい」という気持ちもあるでしょうから、
各メーカーで様々な形状のダンボールの見積もりを取ってもらったほうがよいのです。

ネットのオンラインショップやテレビショッピング、
いわゆる「通販」で物を買った場合、
みかん箱状のものではなく綺麗な箱に入って送られてきます。

メーカーによって異なるでしょうが、
実は、「通販用」の箱の方が安いこともあるのです。

サイズによっては1個当たり30円の差がある場合もあります。

ですので、固定観念だけで決めると損をすることがあり、
注文の決め手に「送料」を考えるお客様がいる以上、
その競争に勝てない可能性もあるのです。

例えば本州以外だと「中継料」が発生するということで避ける方もいますし、
「5000円以上送料無料」という設定があると、
他にも買い物をしてくれることというのは実際にあることです。