アーカイブ: 4月 2012

ちり紙交換の車はいつの間にかいなくなりました。
昔は「まいど~ちり紙交換でございます」と聞こえると急いで家を出てトイレットペーパーに代えてもらうとちょっと得したような気分になったものです。
今は行政が回収するようになって毎週決まった日に出せばいいのでそれはそれで便利になりました。
しかし、2週間に一度の回収ですから忘れてしまったら大変です。
用事があって出せなかった時も大変です。
約1ヶ月分の資源ごみがたまってしまうのです。
部屋が狭い人にはきついですよね。
しかし、民間でも資源ごみの収集をしている企業があります。
回収車にのって回るという方法ではなくドライブスルー形式で持ってきてもらい機械が受け取るという新しい方法で回収しています。
スーパーの駐車場に受け取る機械があり、そこに資源ごみを入れるとポイントが付いて買い物に還元できるというユニークで誰もが得をする方法で集めている企業もあります。
買い物ついでにゴミが出せて、しかもポイントが付いたらとてもお得ですよね。
スーパーも集客に効果がありいいですよね。
回収車で回る必要もなく環境にも優しいです。
自分の都合で捨てられるようになるととても助かります。
その機械が広く使われるようになってほしいです。

宅配便を使う時は荷物とピッタリなダンボールを探すのに苦労しますね。
なかなかピッタリなものがなく送るのがだらだらと遅くなってしまうこともあります。
個人ではちょっと遅くなってもまぁいいかということもあると思いますが仕事ではそうはいきません。
取引先に宅配物を送ることも多いですがピッタリのダンボールを探すのは大変です。
会社には色々な宅配便が届きます。
その送られてきたダンボールを置いておく場所を決めるといいですね。
宅配便で送りたい時その中からちょうどいい大きさを選んで送ると無駄がないです。
ただ、自社に送ってきた他社の会社のロゴが入ったダンボールはいくら綺麗でも使い回ししない方がいいですね。
使うなら自社のロゴが入ったものか無地の普通のダンボールがいいです。
それと汚れが目立つものや形が崩れたものは相手の印象を悪くします。
新しいダンボールを使うよりも宅配便で来たダンボールを使い回す会社のほうが多いようです。
そこで何回もガムテープや伝票を貼ったりはがしたりしていると表面がはがれて汚くなってしまうのですが、ガムテープをはがしてもあとが残らないというダンボールがあるのです。
剥離ダンボールといってライナー表面に加工してあり粘着物の剥離効果が高いダンボールです。
一般のダンボールと同様にリサイクルできるので環境にもさらに優しいですね。